楽天・クレジットカード払いで投資信託の積立が2018年10月27日から可能に 他のサービスと混同しちゃった

投資

昨日2018/08/29のリリースで、もう結構話題になっていますけど、2018年10月27日から、楽天で扱う約2,500種類の投資信託の積立を、楽天のクレジットカード「楽天カード」で購入可能になるとのことです。

投信積立で楽天カード決済が可能に!2018年10月27日スタート!:楽天証券
楽天証券では、これまで投資信託の積立の引落方法として、証券口座からの引落と銀行口座からの引落を提供しておりましたが、新たに楽天カードクレジット決済が加わります。

私はこのニュースを見ながらも気に留めるのが遅れてしまったのですが、その理由として楽天には既に、充実した投資サービスがあるのでそれと混同してしまったからですね。

他の楽天の投資サービス①投資信託ポイント買付サービス

私が、そして投資家でも恐らく多くの人が混同したのが「投資信託ポイント買付サービス」でしょう。

投資信託ポイント買付サービス | 楽天証券
天証券のポイントプログラムは、楽天グループならではのメリットがたくさん!楽天スーパーポイントとして使えば、日本最大級のインターネット・ショッピングモール「楽天市場」でのお買い物や、楽天トラベルでのご旅行にお使いいただけます。

これは、投資信託の買付代金の一部または全てに楽天スーパーポイント、楽天証券ポイントが利用できるというものですね。
ポイントで投資信託を購入(100円から可能)して、投資信託の残高が溜まったらそれによってまたポイントが付いて、・・・というのが売りですね。

他の楽天の投資サービス②投信積立でポイント利用

次に2018年9月30日からのサービスで、投資信託積立の注文で楽天ポイントが利用できるというもの。これも、この間の2018年8月22日にリリースされました。

【投信積立】ポイント投資サービス開始!!ポイントを使って気軽に投信積立:楽天証券
これまで投資信託の通常買付でしか利用することができなかったポイントを、投資信託の積立注文にもお使いいただけるようになります!

「投資信託ポイント買付サービス」との違いは、

これまで投資信託の通常買付でしか利用することができなかったポイントを、投資信託の積立注文にもお使いいただけるようになります!(特定口座、一般口座、NISA口座、つみたてNISA口座で利用可能)

ということですね。

今回リリースされたサービス

今あげた2つには、まず買い物等で楽天ポイントが溜まっていなければならないわけです。
そして今回のリリースのやつでは、楽天ポイントが溜まっていなくても楽天カードがあれば、それで投資信託積立の支払ができるというわけですね。そして積立額の1%が楽天スーパーポイントとなります。

私も積極的に取り組みたい

この楽天カードによる積立購入は月額50,000円までが上限とのことですが、私なんかには上等すぎるくらいです。
私はiDeCoをこの間からやってて、それ以外で投資信託をやる気はあまりない(現在、ちょこっと買ってはいるが10万円にも満たない)のですが、今回のこの楽天カードによる投資信託積立の購入は積極的に取り組んでみたいと思っています。

こんな記事を書いておきながらナンですが、私は日常生活で楽天のサービスを全然利用していません。ネットショッピングならAmazonだし(Amazonすらそんなに頻繁利用でもないし)、あれこれサービスを利用することもない変化の少ない日常を過ごしていますしね。

でも上記の「投資信託ポイント買付サービス」は前から知ってて、それを試してみたいなとぼんやり思って、ついこのあいだ楽天カードを発行しました。

これまではメインのクレジットカードとしてREXカードを利用していたのですが、楽天カードもそれに負けず劣らずポイント還元率が高く、しかもポイント投資に有効利用できるということで、重い腰を上げて楽天カードを発行したわけです。
そうしたら思いもよらず今回のリリースがあったので、これはもう有効活用するっきゃないなと思ったわけです。
サービスの正式開始が今から楽しみです。楽天をもっと活用するようにしてみよう。