堀江貴文(著),大石哲之(監修)『これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話』を読みました。

お金


2018/06/30発売の堀江貴文(著),大石哲之(監修)『これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話を読みましたので、ちょっとした感想を書いていきます。

皆さんご存知、堀江貴文さんの書かれた、仮想通貨に関する著作です。・・・といっても、一冊まるごと仮想通貨やお金のことに費やしているわけでもなく、お金に踊らされずこれからの時代を生きていく方法といったことも、たくさん書かれています。

堀江さんは先日、北海道でロケット「MOMO2号機」の打ち上げが落下・炎上したことが大きくニュースになりました。


これを「失敗」と呼ぶ気は特にありませんし、こんなところで一発成功した方が気持ち悪かったでしょう。
まあ、落ちるにしても、もう少し飛距離があったら良かったかくらいには思いましたけどね。今後に期待です。

さて、本著の内容について。
堀江さんと仮想通貨というのは、結びつけて考えたこともない方が多いと思いますが、仮想通貨の知識もバリバリにある御方ですね。
HoriemonCardという仮想通貨(仮想通貨というのが正確な言い方か自信ありません。トークンというなら正確ですけど)もご自分で発行されています。

HoriemonCard (HOR) 価格、チャート、時価総額およびその他の指標 | CoinMarketCap
HoriemonCardの価格、チャート、その他の仮想通貨情報を取得する

また本著の中でも述べられてますが、堀江さんは仮想通貨取引所のアドバイザーをされています。
過去にはzaifのアドバイザーをされていたことがあり、今ではAMPLE!コイン という仮想通貨取引所のアドバイザーをされているようですね(→情報不足とか、最新情報との食い違いがあったらすみません)。
堀江さんは仮想通貨の普及およびその原型となる考え方については、2010年台初頭には既に予見され述べられています。やはり世の中の流れに対して素晴らしい慧眼を持たれている方だと思います。

私も仮想通貨について入門書程度は読んだことがありますが、はっきり言って本著は、それらより上のレベルが詳説されていました。
仮想通貨の歴史や、技術的な仕組みなど詳細に書かれていて、途中からは専門的で難しくて理解しきれなかった部分もあるのが正直なところです。
ただ用語の注釈なども親切につけられていますので、真剣に勉強する気になってあと何回か読めば、すっきり身に入ってくると思います。
一般に売られている仮想通貨の書籍と比較しても、全く劣るところなく知識を網羅した良書であると思います。

ちなみに私は、1BTC=80万円くらいでビットコインを買いましたが、その直後から下がりまくって、これを書いてる今日現在では1BTC=70万円程度。
もっと下がるんだろうな・・・。でも遊びで、日本円にして2万円しか買ってないので、気楽に今後を眺めます。

堀江さんは、先述のロケット事業、堀江貴文イノベーション大学校(HIU)を始め無数の事業を展開されていて、こういった専門知識も豊富で、本当にどれだけ時間の有効活用が出来ているのだろうと思います。

誤解ないようにですが、別に堀江さんは、本著の中で、仮想通貨の積極購入とか投資を勧められてはいません。
また、お金を稼ぐ・儲ける方法といったことにも殆どふれていません。逆に、お金に執着する意味がこれからの時代は薄れていくという旨を強調して書かれています。

本当に純粋に、仮想通貨やブロックチェーン、お金、テクノロジーといったことについて知識をまとめアウトプットされている本ですので、変な勘繰りとかはせず読んでみると良いでしょう。
メルカリVALU、クラウドファンディングといった近年のサービスについての説明もあります。
仮想通貨の勉強本というように堅苦しく考えず、これからどのようにお金と付き合って生きていくかについて幅広く学びたいと思って読んでみると良いでしょう。

ちなみに私の生活においては仮想通貨の決済利用はおろか、キャッシュレスも当分ろくに実現できそうもありません。
近所に品揃えの良く安い店があるのですが、クレジット会社に支払う手数料が惜しいのか、クレジットカードが使えず現金オンリーです。
会社に来る弁当屋さん、床屋など、お金を使う場では現金オンリーのものがまだまだ多い。
Amazonを使ったりしてなるべく現金を使う機会は減らすようにはしていますが、日常的なキャッシュレスには程遠いですね。そういった、日本の古い現金信仰についても当然、本著で述べられています。

先述の通り本著には専門的で理解しきれなかった部分も多かったですが、基本的には一般読者でも入っていける内容です。その中で成る程と思った内容としては、

  • 仮想通貨は投機的な性質が強いし安全性に疑問も投げかけられているが、そもそも法定通貨や株式などにせよ絶対のものではなく、投機的なものもあるし絶対の安全などというものはない。きっかけが投機であっても、その結果が便利な社会の形成につながれば良い。
  • 規制があっても、真のテクノロジーはいずれ規制に打ち勝つ。
  • 優れた為政者は、本物より優れた偽物を作る者を登用するなど、規制し排除することばかりでなく、取り込むことを考えられる。

といったものがありました。
これまでの堀江さんの本と比べても確実に進化している本だと思いますので、ぜひとも読んでみられると良いでしょう。