One Tap BUY(ワンタップバイ)の『積み株』を始めてみた

投資

目次 Contents

はじめに―One Tap BUY(ワンタップバイ)―

このたび、今更ながらOne Tap BUY(ワンタップバイ)を始めてみました。

One Tap BUYは、スマホに特化したお手軽な証券会社です。投資金額も低コストで始められる、初心者にも気軽に入っていけるサービスですね。
パソコン用サイトもありますけど、基本はスマホアプリでやるものとして作られています。
アプリには、「日本株」「米国株」「積み株」の3種類があります。

「日本株」「米国株」「積み株」

(公式ページへリンク)

日本株・米国株

ワンタップバイの「日本株」「米国株」アプリは基本的に、ワンタップバイが選んだ代表的企業の株を1,000円からお手軽に購入できるということが共通しています。
売買時の取引コストは、(市場がオープンしているときは)0.5%で、別途の最低手数料なども掛からず、最安レベルということです。外国株なら、為替コストが1ドルあたり0.35円とのこと。

また、「まるごと米国株/日本株」というものもあり、これは最近(に始まったことでもない?)頻繁に話題になるETFに、これまた1,000円からお手軽に投資できるサービスです。
ETFというのは、複数の会社に分散投資するもので、平均株価など市場全体の値動きに合わせて価格が上下するため、市場にまるごと投資する商品と言えるものですね(この説明は公式サイトからのパクリ引用です)。
ワンタップバイでは、リスク・リターンの異なるETFを、日米それぞれ3種類ずつ選べるみたいですね。

ETF

(公式ページへリンク)

まあ私はETFは、別の投資信託でやろうと思っているので、今回ワンタップバイでは手を付けませんでしたが。

積み株 やってみた

今回私は、「積み株」アプリから、数社に対して積立を実施してみました。
「積み株」アプリで積立ができるのは、現在のところ米国株のみ。ドルコスト平均法による積立がお手軽にできます。

本当は「日本株」アプリで任天堂とかの株を低コストで購入してみようと思っていたのですが、ワンタップバイは本当に1,000円からという低コストが売りみたいですし、それならリターンを求めるとしたら積立だなと思いました。株式現物投資で大金を投じると、どうも私は失敗がちな性分だと思っていますし。

積立を実施したときの模様を、ちょっと書き留めておこうと思います。シンプルさが売りのアプリですし、簡単にサクサク進みます。

「積み株」アプリのトップには、米国有名企業がズラッと並んでいますので、この中から投資したい企業を選んでいきます。

Amazonを選択

Amazonを選んでみましたが、CEO(代表者)の顔を載せたユニークな画面が出てきて、積立金額を入力します。

積立銘柄の追加

積立銘柄の追加も促されますので、コカ・コーラとAppleも追加してみました。余談ですがAppleは、バフェット氏のおかげで株価が上場以来高値に高騰したとのことで、私は持ってなかったことが悔やまれます。
まあバフェット氏に言わせれば、そういうのを一喜一憂することが間違いなのかな?

積立の名前

積立に名前を付けましょうという画面。見たときちょっと驚きましたが、まあ名前をつけるのは当然か。
画面が親しみやすい感じですね。

引き落とし口座の選択

次に、引き落とし口座の選択画面。
ワンタップバイでは、専用の口座がみずほ銀行に設定され、そこに入金しておくことで取引ができます。

「おいたまま買付」というサービスもあって、みずほ銀行かソフトバンクカードに残高があれば自動引落してくれるそうです。
取引単位が1万円以上からだということで、2018年9月以降は手数料が掛かる(1回あたり、みずほ銀行は108円、ソフトバンクカードは150円)とのことなので、ちょっと億劫に思い、私は通常のワンタップバイ口座を使用しました。
専用口座への振込手数料は掛かりますが、新生銀行を使ってるので無料で振り込めますしね。

おいたまま買付

(公式ページへリンク)

積立の頻度

次に、積立の頻度を設定できる画面。週・月・年で選択できます。年というのは確実に忘れそう。
私は月1回にしましたが、意識付けるため、週1回にしようかな。これは後で変更ができます。

引き落とし日

月1回を指定したので、毎月の何日に引き落とすか選択する画面。給料日が20日なので、20日を指定しました。

最初の引き落とし日

最初の引き落とし日を選択。あとは、いつまで積立を頑張るか(目標期間)とか、確認画面が出てきます。

申し込み終了

そして積立の申し込み終了の画面。月1回6,000円じゃ、ちょっとショボいかな?他の会社を追加したりとか、また後から考えて見ようかと思います。

WealthNavi(ウェルズナビ)の方でも自動運用をしていますが、元本に対し±2万円以内のところを行き来してるだけの現状なので、動きが現状なくて当ブログにも経過を書きあぐねているところ。このワンタップバイの経過も、ちょっと書きにくいかもですね。

アプリ内公開漫画

ワンタップバイの日本株・米国株アプリでは、株式投資に役立つ漫画が色々と収録されています。
PC版サイトでは、「日本株」アプリと同等の漫画が掲載されていますが、注目は「米国株」アプリの方ですね
ここでは、Amazonやコカ・コーラなど米国株の個別会社について個別の漫画が掲載されており、これはPC版サイトにもないはず。

この漫画だけでも結構勉強になるので、是非とも口座開設してご覧になられてはいかがでしょうか(口座開設しないと読めない、はず)。